読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watashinosekai

わたしのせかいについてかきます

わたしのせかいについて2

「私の世界」は「私の見える範囲」をいう。

 

できれば誰にも汚して欲しくないものだ。

でも私の世界は私だけの世界ではないようで、

私の世界に他人が作り出す感情や声や音や色、表情、言葉、においなどが存在する。

邪魔なのだ。

例えば電車だ。広告、アナウンス、話し声、隣に座る他人。どれもうるさい。

「見える範囲」はわかりやすいが、「聞こえる範囲」を意識したことはあるだろうか。

私は見える範囲はもちろん、「私の聞こえる範囲」を汚されるのがいやだ。

 

耳栓をしてアイマスクでもしていればいいのだろうか。

耳や目、鼻など、何かを感じ取る部分の全てにスイッチがあればいいのに。

目には瞼があるから大丈夫と思いがちだが、残念ながら瞼を閉じていても、明かりがある限りスイッチを切ったことにはならないのだ。

 

引きこもっていた時期も部屋の外からの作用は果てしなくあった。

それが自分のスイッチを切り替える要因になったこともあるが、

諸悪の根源はどこにあったかを思い出せばそれもまたなんとも言えない。

 

自分ではない誰か、つまり他者との共存は自分には難しい。

「成長しながらなんとなく学んでいくもの」の不確かさ、そして「それが確実に求められる社会」の傲慢さに憤る。

 

「私(だけ)の世界」は存在しないのだ。

作ろうとしても作れないのだ。

避けようとしても避けられないのだ。

自分でスイッチを切る他に手段はないのだ。

そんなことを考えすぎて人生に絶望し人は自殺する。

 

「私(だけ)の世界」はあるのだろうか?

 

現状はとりあえず「私の世界」を「私(だけ)の世界」であることを希望的観測で信じ続けるしかないのだろう。

 

おかしくて笑える。

わたしのせかいについて

表現の自由があるってどこかで習った。

学校は嫌いだ。

 

最近世界がガラリと変わった。

運もいい。

 

「私の世界」の定義は私が見ることのできる範囲全てを言う。

 

世界が変わって思ったことがある。

はたして「私の世界」はあるのか。

 

死について聞くことが多くなった。

死とは何か。

「なぜ人を殺してはいけない?」という問いがある。

「人の命を奪ってはいけないから」。

人の命って何だろうか。

 

私の家には小さい頃からゲーム機があった。

ゲーム機には電源、いわゆるスイッチがあった。

「自分がゲームをしているとき、いきなりスイッチを切られたらどう思う?」

「いやだ、むかつく」と思うのだろうなというのが今までの考えだった。

今はいろんなことを見聞きしたり読んだりして、

「別になんとも思わない」だったり「むしろよかった。ラッキーだ」

というような答えもあるのではないかと思うようになった。

 

何かに囚われていて、自分の力ではそこから逃げられないとき、

自分ではない他の何かがスイッチを押してくれる時がある。

なぜ「他の誰か」ではなく「他の何か」か。後述する。

 

私は浪費家だ。手元にあるもの(スマホの電池とお金)は無くなるまで使う。

例えば、眠たいけれどスマホで何かをすることをやめられないとき、

スマホの電池がなくなったとする。「ラッキー」だ。他のことができる。

例えば、別にいらないと思ってもほしいものがあるとき、

財布を見るとお金が足りない。「ラッキー」だ。買わずに済む。

 

そんなふうに、自分ではない他の何かが作用して、私のスイッチを切ってくれることがある。

 

では命はどうか。

この世で最も重いもの、尊いものだとされている命。

生きるか死ぬかなので、私は先ほどのゲーム機の話にもあるようにスイッチと表現する。

「スイッチを切る」行為。もし死後の世界やパラレルワールドを信じるのなら、「スイッチを切り替える」行為。総称すれば「スイッチを押す」行為か。

 

殺人について奨励するつもりは全くない。

倫理的にちょっとこれは、と思う人の方が多いだろう。

あくまで「表現の自由」があるから言う。

 

私は思う。

殺人は「私の世界」が「私(だけ)の世界」ではなかったことを証明する手段なのではないか。

先ほど「他の誰か」ではなく「他の何か」という表現をした。

なぜか。

「他の誰か」というのは「私(だけ)の世界」には存在しないのだ。

例えば道徳の授業か何かで「人を殺してはいけません」というのではなくて、

「ここにはたくさんの人がいて、それぞれに命というものが原動力の『世界』があります。」というものを教えて欲しかった。

 

「私だけの世界ではないのだ」と思うことがあるけれど、私はそれを証明できない。

証明する手段は「他人によってスイッチが切られること」である。

自分ではない誰かに殺されてみないと「私の世界」は「私(だけ)の世界」であることを誰も証明できない。

 

不思議というよりは、おかしくて笑える。